不動産売却の流れ

1.まずはご相談ください

お客様の売却事情やスケジュールなどによって、売却の方法やタイミングなどが違ってきます。

物件の現在相場や、売却価格のこと、売却物件に対するローンの残債務や、売却諸費用、
売却した際の税金についてなど、お客様のご事情に合わせてアドバイスを行います。

住み替えの場合は新規物件のご紹介とタイミングをあわせたうえでの
ご提案などもさせていただきますので、まずはご相談ください。

当社は売り急がせたり、買い急がせたりということは一切ありません。「他社で査定してもらったけど。。。」や
「他社で販売していたけどうまくいかなかった。。。」等のお問い合わせも喜んで承ります。

2.物件の調査、および売却価格の査定

お客様から不動産売却のご相談をいただいた後、
当社にて当該不動産物件売却の調査および価格の査定を行います。

役所調査、法務調査、市況調査、そして物件自体の調査を経て
不動産物件が「売れる価格」での査定を行います。

相場以上の高値をつけすぎては物件が売れず、物件売却期間が長くなります。
時間をかけて高く売る」ことを提案する不動産会社もあるようですが、私たちはそのようには思いません

住宅ローンの支払いなどが残っている場合は、「いつまでに売れるのか」も大切ですので、
当社では「売れる価格、売れる期間」をプロの目から見た査定判断でご提案いたします。

3.不動産売却の契約(媒介契約)

査定の結果に基づき、当社とお客様で不動産を販売するための契約(媒介契約)を行います。
媒介契約には3種類あります。

1.専属専任媒介契約

・ お客様はほかの不動産会社を介しての売買契約はできません。

・ お客様は自ら見つけた購入希望者との契約はできません。

・ 当社はお客様に1週間に1度販売活動の状況を報告しなくてはいけません。

・ 指定流通機構(業者間のデータベース)に5日以内に登録いたします。

2.専任媒介契約

・ お客様はほかの不動産会社を介しての売買契約はできません。

・ お客様は自ら見つけた購入希望者との契約が可能です。

・ 当社はお客様に2週間に1度販売活動の状況を報告しなくてはいけません。

・ 指定流通機構(業者間のデータベース)に7日以内に登録いたします。

 

3.一般媒介契約

・ お客様はほかの不動産会社を介しての売買契約ができます。

・ お客様は自ら見つけた購入希望者との契約が可能です。

お客様にとっての専任・専属専任媒介のメリットとして各社が展開する売却サービス利用できる点にあります。
不動産会社としては売却が成功した際、確実に売主からは「仲介手数料」を獲得できるため宣伝にお金をかけやすくなります。
一方で、自社で買主様も見つけて契約に至れば買主・売主双方から手数料を獲得できます。これを「両手取引」といいますが、
両手取引を行いたいがために他社が対応している買主へ紹介をしない、情報を適切に流通させないという「囲い込み」と言われることを行う業者や営業担当者も未だにいるのが現状であると思います。

お客様にとって最も自由度が高いのが一般媒介です。ただ、一度に多くの業者からの内覧の依頼を売主自身で調整しなけらばならないし、不動産会社としても他社で決まってしまう可能性もあるため、広告含めて販売活動に注力しない(できない)、親身に相談に乗ってくれないということもあります。「ある程度自身で整理できるから自由度が欲しい」という方には向いている媒介契約だと思います。個人的に同じようにお金を支払うのだからよい意味で不動産会社を動かしたほうがいいのかなとは思います。

カナホームではお客様の希望がかなうよう、どのような媒介契約であってもお客様にとっての最善を目指し営業活動を行います!

4.当社の不動産売却活動の開始

契約が終わりましたら、いよいよ物件の売却活動の開始です。

当社の既存顧客へのご紹介をはじめ、インターネットを中心とした様々な媒体を使った広告活動、
当社業界ネットワークを使った物件流通手法を使い、お客様のご希望がより早く実現されるよう努力、まい進いたします。

不動産会社がどのようなスタンスで売却活動に取り組むのか、これこそが不動産売却の成否を分けます。
「大手同業他社では見学すらなく、売れる気配すらなかったのに、庄島さんに任せたら2か月で売れた」や
「売ることを諦めていたけど庄島さんが担当になって売れて希望通りの住み替えができた。担当者でこんなに変わるんですね」
といったうれしい言葉を何度も頂いてきました。お客様にとってもそのような結果になるように最善を尽くします。

【物件告知方法】

・「ふれんず」、「SUUMO」、「アットホーム」といったポータルサイト、自社サイト「さわらいく」、Youtube、twitter等での広告
  → 購入者の多くは「インターネット」をうまく活用し情報を収集する傾向があります。インターネットでの広告をうまく進めることが売却成功のカギです。

・不動産業界ネットワークを活用した情報公開
  → 不動産業界内のネットワーク「レインズ」を駆使し、福岡市内はもちろん、全国の不動産業者間で情報を共有します。

・ポスティングの実施
  → チラシを作成し、物件の特性を鑑みたうえでターゲットを絞ってポスティングします。折込広告を入れる場合もありますが新聞購読者数の減少もあり、物件の魅力を
    周知するに
十分とはいえません。費用対効果ははっきり言って非常に悪く、お客様へのサービス維持の観点から弊社では基本的に対応いたしかねます。

5.売却契約の手続き

販売活動をおこなって、お客様の物件を買いたいという買主様があらわれ、
売買条件で合意すると、諸条件を充分に確認した上で、不動産売買契約を締結します。

法的な制限などがございますので専門的な契約書の作成はもちろん当社がおこないますが、
契約内容等はご不明な点がなくなるまで十分にご説明させていただきます。

実際の契約の場では、物件の重要な事項について買主様に説明する「重要事項説明」に立会っていただいた後、
不動産売買契約書を締結します。その際に買主様から手付金を預かります。

6.契約義務の履行(引渡しの準備)

無事に不動産売買契約の締結をおこなった後は、買主様への引渡しに向けて準備をおこないます。

お住まい中の場合は公共料金の精算や、引越しをおこなって引き渡せる状態にしたり、
残債がある場合は返済を銀行に申し出て、抵当権抹消の準備をおこなったりします。

もちろん、当社スタッフが準備の方法をご案内させていただきますので、ご不明な点は納得いくまでお聞きください。

契約後には、記載された条文に基づいて権利や義務を履行しなければならず、お客様には所有権移転登記申請、物件引渡しなどの義務が発生します。違反した場合の罰則もありますので、当社スタッフと協力して準備をおこなっていきましょう。

特に買い替えの際は、売却代金を購入資金に充当する場合などもあり、そのケースの場合は、一時的な仮住まいをしたり、
売却物件の買主様の入居のスケジュールを調整するなど、様々な調整が必要になってきます。
その調整についても当社スタッフが全力でサポートして引き渡しを行いますので、安心してお任せください。

7.残金決済と物件の引渡し

残金決済では、買主様から売却代金の残金を受け取り、司法書士の先生にお願いをして所有権移転の申請をおこないます。
残債があり、売却代金で返済をおこなう場合には抵当権抹消も一緒にお願いをします。

残金を受け取り登記の申請が済むと、鍵を渡して物件のお引渡しをおこないます。
付帯設備などもふくめて契約に定めた内容で引渡しを行ないますので、物件の状況を事前に確認しておきましょう。

ご売却したあとも、確定申告などの税務処理が必要となります。

その際も当社で全力サポートいたしますので、お気軽にご相談ください。