書評:非常識な成功法則 神田 昌典

みなさまこんにちは。

本日は神田 昌典さん著、『非常識な成功法則』について書きたいと思います。

↓Amazon kindle版

↓楽天


2002年に発売されてとても売れた本なのでご存じの方が多いかもしれませんね。私が持っているのは新装版です。

以前から興味があったので最近手に取って読んでみました。

ではまずは筆者についてから。

********************************************************

神田 昌典(かんだ まさのり)  HP:https://www.kandamasanori.com/

アルマ・クリエイション株式会社 代表取締役
日本最大級の読書会である、一般社団法人リードフォーアクション 代表理事

上智大学外国語学部卒。ニューヨーク大学経済学修士、ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営学修士。
大学3年次に外交官試験合格、4年次より外務省経済部に勤務。
戦略コンサルティング会社、米国家電メーカーの日本代表として活躍後、1998年、経営コンサルタントとして独立。
コンサルティング業界を革新した顧客獲得実践会(現在は「次世代マーケティング実践協会」)を創設。
同会は、のべ2万人におよぶ経営者・起業家を指導する最大規模の経営者組織に発展、急成長企業の経営者、ベストセラー作家などを多数輩出した。

********************************************************

マーケッターとしても有名ですが、いろんな名著の翻訳をされていらっしゃったので私はそちらの方がイメージが強かったですね。

今後は神田さんが翻訳された本についても書いていこうと思います。

そんなこんなで期待して手に取った本でしたが正直、この本を読んで「なるほどなぁ」と思った内容は多くはありませんでした。笑

前読んだ本に同じようなことが書いてあったからです。。。

おそらく、ですが、その以前に読んだビジネス書の著者はこの本のかつての読者であり、大きく影響を受けたのでしょう。。。

その影響から自書でも書いたのだろうなぁと、推察されます。それだけ名著ってことですね!※個人の憶測です

 

【ざっくりしょーじま的要約】

巷にあふれるビジネス攻略本的な本は「既に成功」している人がさらに「成功」するために当たり前のことが書いてある。そんなの読んだって成功するわけねぇじゃん!非常識なものの見方をしねぇと成功できねぇぜ!?まず7つのことから始めてみろよ!

1.やりたいことではなくやりたくないことを探し出せ!

2.紙に目標を書いて毎日見ろ!そしてバッグに忍ばせろ!

3.読書しろ!カセットテープを聞け(現代風に言うとYouTube見ろ?)!

4.客は選べ!

5.金は天下の回り物!

6.自分の人生の「シナリオ」を描け」!

7.「幸せってなんだっけ?」と問い続けろ!

まぁこんな感じです。個人の感想なので愛読者の方は大目に見てください!

 

特に私がそうだなぁと思ったの2.と4.でした。

私自身が不動産営業時代に数字が突き抜けることなく悶々としていた時に紙に目標を書きだして実践したら

トップセールスになったという経験がありましたし、お客様に対して優先順位をつけだしたら(客を選び出したら)

自然と数字が作れるようになったという経験があったからです。まさに売り込むことなく、お客様から寄ってくる、

そんな感覚で営業していました。偉そうですよね。笑 今はそんな感覚一切ありませんけども。

 

個人的に引き寄せとかちょっとスピリチュアル的なものは苦手なんですが、文字を見てそれをかなえるために

行動が変わり、習慣が変わり、成果が変わることは十分にあり得るのだろうなと思っています。

 

これ以上ササっと読みの若輩者がこの本について語ってしまうと各所からおしかりを受けそうなので

このへんで終わろうと思います。

この本に書いてあること自体良いことも多いので是非手に取って読んでいただけると嬉しいです。

では今日はこのへんで。またここでお会いしましょう。

********************************************************

しょーじまさんとは・・・

庄島家の長男として千葉県で誕生。幼少期に福岡県に引越し、大学入学まで福岡県糸島市育ち。
そこそこ偏差値の高い高校に通いながらも、滑り止めの滑り止め大学しか合格できず、その大学に入学。
「一発逆転」狙いで「新卒時からでもお金をもらえるんじゃね?」、という安易な志望動機で就職活動を展開。
無事に野村不動産グループの企業に入社。主に新宿区、品川区、川崎市等のエリアを担当。
現在は転職をして不動産会社は離れたものの、やっぱり不動産が好きで「不動産屋したい!」と週末カナホームに参画中。

趣味:クレーンゲーム、読書、不動産見学